歯科で治療を受けよう!|しっかりと噛める歯へ

白い歯

歯を補う施術について

医療器具

インプラントとは

難波などの歯科でも行なわれているインプラント施術とは、体内に埋め込まれる器具のことをいいます。難波などの歯科で言うインプラントは、人工歯根の事で、歯が無い・抜けてしまったところの骨にフィクスチャーというネジを埋め込み、そのネジを土台にしてアバットメントと人工の歯を装着する治療法です。顎の骨にしっかりと固定される為に、ぐらつきもなく、機能的にも審美的にも優れています。しかし、誰しもがインプラントの治療が出来るというわけではありません。若すぎたり、喫煙していたり、重度の歯周病、歯が抜けてそのままにしていた期間が長かったりした場合はインプラントの治療が出来ない事があります。そして、金額的な費用が高額という点もあり、特に歯周病で顎の骨が土台として使えない場合は、より高額になってしまいます。審美的で、見た目は、ほとんど天然歯と見分けがつかなくて、自分の歯とほぼ同等の強い力で噛むことができて、周りの歯に影響をかけないで食事制限がないのが難波などでも行なわれているインプラント施術です。治療期間がかかり、全額自己負担ですが、機能的にも審美的にも優れています。再び、自分の歯として咀嚼できる喜びを感じる事が出来るのは、難波などの歯科でも行なわれているインプラントしかありません。
しっかりと自分の歯で噛見たいという方は、是非難波などでインプラント施術を行なっている歯科を探してみてはいかがでしょう。